HOME > エステお役立ちメディア > アンチエイジングやダイエットにもおすすめ!αリポ酸の素晴らしい効果とは?

アンチエイジングやダイエットにもおすすめ!αリポ酸の素晴らしい効果とは?

2018.3.24


美容健康に好循環をもたらすαリポ酸

アンチエイジングやダイエットに励む女性におすすめの成分・αリポ酸には、非常に多くの効果効能があります。

この成分の特徴がわかると、アンチエイジング世代の女性だけでなく、生活習慣病や身体の不調が気になる旦那さんと一緒にサプリメントを愛飲することも可能となります。

またαリポ酸はサプリメントだけでなく、食材や注射による摂取という手段もありますので、自分求める作用やライフスタイルに合った形で取り入れられる成分と捉えて良いでしょう。

今回は、スゴイ効果と話題のαリポ酸が多くの人に注目される理由と、その詳しい特徴を解説していきます。

αリポ酸とは?

細胞のミトコンドリアの中に存在するαリポ酸は、別名チオクト酸と呼ばれることもあるビタミン様物質です。

水溶性と脂溶性という2つの性質を持つαリポ酸には、細胞の全てに取り込める特徴があります。

そんなαリポ酸には、R体とS体という種類が存在します。

一般的なサプリメントなどに配合されているのは、人工合成によってできるラセミ体(S体)という種類です。

これに対して身体の中で合成可能なR体は、S体と比べて2~3倍ほどの効果があると言われています。

またヨーロッパでは30年以上前から医薬品として用いられてきた歴史がありますので、アンチエイジングだけでなく病気の予防に適したサプリメントを求める皆さんにも、αリポ酸のおすすめ度は非常に高いと言えるでしょう。

αリポ酸の効果1 アンチエイジング

ビタミンEやビタミンCと比べて400倍もの抗酸化力のあるαリポ酸は、紫外線などによって生じる光老化の予防にも適した成分です。

抗酸化作用と抗糖化作用の高いαリポ酸を摂取していると、コラーゲンの劣化が抑えられることにより、皮膚のハリや弾力が保たれます。

特に甘い物や炭水化物が大好きな女性は糖化による悪循環が生じやすい傾向がありますので、老化の2大原因の両方にアプローチできるαリポ酸は、アンチエイジングが難しい皆さんにもおすすめ度が高いと言えそうです。

αリポ酸の効果2 ダイエット

マウスを使った実験では、αリポ酸の摂取により新陳代謝の促進や脂肪燃焼といったダイエット効果が見つかっています。

基礎代謝が下がる30代以上の女性は、若い頃と比べてダイエットの効果が出にくくなります。

またこの年代になると体内のαリポ酸の量も減少する実態がありますので、ブロッコリー・トマト・ほうれん草といった緑黄色野菜などからダイエットに欠かせない成分を積極的に摂取する姿勢も痩せ体質を作るためには必要だと言えそうです。

αリポ酸の効果3 疲労回復

クエン酸回路に直接作用できるαリポ酸は、疲労回復のサポート効果も非常に高い成分です。

ストイックなダイエットによって疲労が蓄積すると、効果的なエクササイズなども三日坊主になってしまうこともあります。

また筋肉量なども減少するアラサー以上の女性は、運動系ダイエットによる疲れも溜まりやすい実態がありますので、αリポ酸などのサプリメントを摂取してスムーズな回復を図る心掛けも効率よく痩せるためには欠かせない心掛けとなりそうです。

αリポ酸の効果4 デトックス

有害物質の排出効果に優れたαリポ酸は、デトックス作用の高さでも定評があります。

こうした有害物質が体内に蓄積すると、野菜などから摂取したミネラルの働きが低下したり、ストレスに対する抵抗力も大きくダウンしてしまうようです。

美容やダイエットに好循環をもたらすミネラルは、アンチエイジング世代の女性にとっても欠かせない位置付けとなりますので、こうした成分の効果を効率よく発揮できる状態にする上でもαリポ酸の摂取は理に適っていると言えそうです。

αリポ酸の効果5 病気の予防

高い抗酸化作用を持つαリポ酸は、生活習慣病やガンなどの予防効果も期待できる成分です。

また糖の代謝に関係するαリポ酸を摂取すると、血糖値が下がることにより糖尿病予防というメリットも得られるようです。

身体に負担の少ないダイエットをするためには、血糖値の急激な上昇を防ぐことも大事な心掛けとなります。

また動脈硬化予備軍とも言える血管年齢の老化は、美容や健康の足を引っ張る血行不良をもたらすと考えられていますので、こうした悪循環を予防できるαリポ酸の摂取は、元気で健康な美しさをキープする上でも大変おすすめ度が高いと言えるでしょう。

αリポ酸の安全性と副作用

αリポ酸における理想的な摂取量は、1日100mg~300mg程度と言われています。

この摂取量を守らず過剰摂取を行うと、悪心や下痢、食欲不振といった副作用が出ることもあります。

また特定の遺伝的素因を持つ人が摂取した場合には、インスリン自己免疫症候群により低血糖になることもあると言われていますので、サプリメントを飲んだ時に少しでも違和感を覚えた時には摂取を中止することも必要だと言えるでしょう。


こちらの記事もよく読まれています

新着情報

店舗一覧

結果重視のハイクラスエステサロン

H2Oグループは大阪・兵庫・奈良に12店舗。
その中でも特にラグジュアリーな空間と設備にこだわったのが
「イー・エイチツーオー スパ」「あくら三宮」「ラピス宝塚」
「タルゴ ドゥ エイチツーオー大阪」「タルゴ ドゥ エイチツーオー奈良」
の5店舗になります。

通常のエステサロンとは違ったワンランク上の設備、施術となっておりますので、
どうぞご都合に合わせてご利用下さい。